CHECK

有田焼の皿について詳しくなれる!有田焼の皿に関する基礎知識をまとめてご紹介

有田焼は白い素地に色鮮やかな美しい絵柄が特徴的な焼き物です。その美しさは多くの焼き物ファンを魅了し、海外でも高く評価されています。薄く軽いだけでなく、強度が高いので日常的に使用する皿などには最適です。基礎知識として、まず有田焼は磁器であるということを押さえる必要があります。焼き物は原料と製法により陶器と磁器に分かれており、磁器は岩石を砕いた陶石が原料です。有田焼の陶石は、主に熊本県天草地方の山から採掘されています。

有田焼の皿の原型となった古伊万里とは?

有田焼の起源である古伊万里焼は、日本の陶磁器の歴史において基調とされていて、17世紀初頭に長崎県有田町の伊万里地区で生産された磁器といわれています。また日本初の本格的な焼き物の一つとされていることから、有田焼の皿の原型となっています。 朝鮮半島からの技術導入により17世紀初頭に有田で生まれ、白磁や青磁の技法を基に有田の陶工たちが独自のスタイルやデザインを加えて制作されました。この時期の古伊万里焼は、主に藩主や大名などの富裕層向けに製造され贅沢な食器や茶器として使われています。 特徴的な点は美しい青と白の釉薬を使った装飾で、花や鳥そして風景などが緻密に描かれ、その精緻で洗練されたデザインは高い評価を受けています。その美しさと高品質な製品で知られ、当時のヨーロッパでも非常に人気を博しました。 18世紀初頭にかけてオランダ東インド会社などを通じてヨーロッパに大量に輸出されたこともあり、欧州で磁器の生産に影響を与えたといわれています。

手書きで作られた有田焼の皿の魅力

有田焼の皿の手作業による製造プロセスは、その作品に個性と独自性を与えて愛着を感じさせます。 職人が手に取る粘土は一つ一つ丁寧に成形され、その後手作業で模様が描かれます。この手作業により同じデザインでも微妙な違いが生まれ、一点ものの価値を持ちます。また、手書きならではの筆の動きや独自のタッチが作品に温かみと人間味を与えます。 伝統的な模様や絵画だけでなく、作家の個性や感性が反映されるので、独創的なアーティストは新しい表現方法やユニークなデザインを取り入れることで有田焼の皿に新しい魅力を与えています。 手書きの有田焼は、時間と共に味わいが増していく特性も持っています。使い込まれるほどに、模様が深みを増し、それぞれの作品が独自の経年変化を見せます。これにより、愛着が湧き、家庭で使う喜びも増します。 このように有田焼は、その独自の魅力、個性、そして手仕事の温かみから多くの人々に愛されています。一つ一つが職人の手によって生み出された独特の価値を持ち、食卓やインテリアを彩る素晴らしいアート作品として、日々の生活に喜びと美しさをもたらしてくれます。

有田焼の皿を焼成するためにかかる平均的な時間

伊万里および有田焼は、17世紀初期に朝鮮半島出身の陶工が日本の有田町で陶石を発見、これにより日本で初の磁器を焼いたのが始まりといいます。その後、初代酒井田柿右衛門などが色絵の技法を開発し他ことで現代の焼き物の原型が完成しました。17世紀半ばになると欧州など諸外国への輸出がスタートしたことで、伊万里・有田焼は国内外で高い評価を得たなどの歴史もあります。 有田焼は、透き通るような白い磁肌および呉須で描いた染め付けや華やかな赤絵が特徴です。高い酎久性があることから、日用品はもちろん美術品など幅広いアイテムがあります。有田焼の皿を作るためには数日を要するといいます。最初に約900度の窯で素焼きして呉須を使い線を描いてから、その中に濃淡を施す濃みで下絵付けを行います。釉薬を浸しがけおよび流しがけで施釉してから約1,300度の高温の窯で17時間から20時間かけて本焼成する、絵具を使って上絵付けを施し、720度から830度の低温で焼成して完成します。

有田焼の皿の色付けに呉須がよく使われている理由

有田焼は日本の伝統的な磁器で、特にその色鮮やかな絵付けの皿が評判です。その中でも、呉須(ごす)と呼ばれる青色の顔料が頻繁に使用されます。 酸化コバルトを主成分とする顔料で、高温で焼成する際に安定した美しい青色を発します。有田焼の製造過程では、高温で焼成することが一般的です。この高温に耐えうる色の安定性が、呉須を重宝する一因です。 白い磁器の表面とのコントラストが鮮明で、洗練された美しさを生み出します。有田焼の特徴である透き通るような白い胎土は、青色と相まって独特の美しさを醸し出します。 細かい線や複雑な模様を描くのに適しており、繊細な絵付け技術と相性が良いです。伝統的なデザインには、細かな線や細工が多用されるためこの特性は大切です。 17世紀初頭に青色を使った磁器は、中国の青花磁器からの影響を受けていました。この伝統が続き、現代においてもスタイルが受け継がれています。 職人は細かいディテールや繊細なグラデーションを表現することができ、精緻な絵付けを実現しています。

有田焼の皿についてに関する情報サイト
有田焼の皿に関する基礎知識

このサイトでは、有田焼の皿に関する歴史から技術まで基礎知識をまとめて紹介しています。なぜ肥前地方で作られるようになったのか?17世紀に誕生した背景など、今より知識が深堀りできること間違いなしです。多くの焼き物ファンを魅了する丁寧な工程と美しい模様を描く技術は、思わず人に話したくなるでしょう。工程の多さゆえ、専門の職人による分業制をとって技術が継承されてきました。強い信頼関係で結ばれた技術の結晶が凝縮されている至高の逸品なのです。

Search